2011年09月29日

つむ

20110928つむ1.gif

20110928つむ2.gif

20110928つむ3.gif

20110928つむ4.gif


【つむ】うさぎ8.gif

伊勢では混んでいることを「つむ」と言います。
京阪系の方言のようです。

「今日は電車つんどるなあ」
「明日の花火大会は、つむでぇ」
のようにつかいます。

「つむ」は「詰む」。
辞書にも「密になる」などとあるので、意味的には共通語です。

でも、初めて聞くと「え?」となります。

将棋の「詰む」から、「どうにもならない」の意味を連想するかもしれません。





【関連する記事】
posted by mochio at 11:35| Comment(0) | 「た」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

みえる

20110927みえる1.gif

20110927みえる2.gif

20110927みえる3.gif

【みえる】うさぎ7.gif

伊勢弁で「〜している」の敬語は、東海系の「〜してみえる」、「〜してござる」をつかいます。
関西系の「〜してはる」をつかうひとはあまり居ません。

「来る」の尊敬語として、「明日、じいさんがみえるでな」のようにもつかいます。


近頃は「いらっしゃる」、「されている」などの共通のことばをつかうひとが増えています。
特に「ござる」は、ある程度お年を召したひとがつかうイメージがあります。



posted by mochio at 11:53| Comment(0) | 「ま」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

あんごさく

20110921あんご1.gif

20110921あんご2.gif

20110921あんご3.gif


【あんご・あんごさく】うさぎ10.gif

「あんご」は、あほ、ばか、たわけなどの意味です。
伊勢志摩地方では「あほ」と「あんご」を併用しますが、四日市や桑名など北勢では「あほ」が主流のようです。

「わるさしー」のように、しょっちゅう○○しているやつという意味で、「あんごしー」という活用があります。

テレビ番組「探偵!ナイトスクープ」の「全国アホバカ分布図」によると岡山や香川にも「あんごう」(※注)地域があるようです。

魚のアンコウのじっとしたままの姿がアホっぽく見えて、それが語源だという説があります。

注:分布図では、伊勢志摩も「アンゴウ」地域となっています。


posted by mochio at 10:18| Comment(0) | 「あ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

じじ

20110919じじ1.gif

20110919じじ2.gif

20110919じじ3.gif


【じじ】うさぎ6.gif

「じじ」は大人が子供に話かけるときにつかう幼児語です。
虫のことなのですが、汚いとか気持わるい虫をいうようです。

幼児語の多くは動きや音をことばにしたものなので、むじむじ動く様子か、ジジと鳴く(鳴る)ところから来ているのだと思います。










posted by mochio at 17:17| Comment(0) | 「さ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

あいさ・あまめ

20110918あいさ/あまめ1.gif


20110918あいさ/あまめ2.gif


20110918あいさ/あまめ3.gif


20110918あいさ/あまめ4.gif


【あいさ】うさぎ4.gif

間(あいだ)のことを「あいさ」といいます。

「歯のあいさに食うたイカが挟まって、取れんがな」、のようにつかいます。
中部地方で広くつかわれているようです。

上の例では、壁と冷蔵庫のあいさに「あまめ」が居たのです。


【あまめ】うさぎ1.gif

「あまめ」はごきぶりです。

今ではゴキブリと呼ぶひとのほうが多いかも知れません。
「ゴキブリホイホイ」を「あまめホイホイ」で販売してくれれば、「あまめ」派も増えると思うのですが。


余談ですけど、紀伊半島など日本の南側の地域には、「あまめ」をエサとするアシダカグモというやつが棲んでます。

20110918あいさ/あまめ5.gif
↑ こんな感じ (でかい・とても気持ち悪い・動き、早い)

「あまめ」が多い家には、こいつも出るのでダブルパンチです。





posted by mochio at 20:28| Comment(0) | 「あ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。